企業経営で押さえておきたい資金繰りの基本的な考え方とは


事業を営んでいくためには、売上を伸ばす以外にも欠かせない資金繰りの知識や考え方を正しく身につけておくことが必要です。

そこで、健全な経営を続けるためにはなぜ資金繰りが重要なのか、継続して行っていく上でどのような考え方で進めていけばよいのかご説明します。

 

企業経営における基本的な資金繰りの考え方

個人事業主でも大企業でも、事業を継続させていくためには「資金繰り」を続けて行うことが必要です。

そもそも資金繰りとは「キャッシュフロー」に関連する一連の作業であり、帳簿上の利益のみにとらわれず手元のお金を管理することといえます。

売上も伸び利益も出て黒字経営だと安心し、手元のお金を管理せず不足が生じれば、資金ショートしてしまい様々な支払いができなくなります。

仮に期日に手形の決済ができなければ「不渡り」を出してしまい、信用力を損なうこととなるでしょう。手形の不渡りは2回だせば銀行との当座預金取引が停止され、事実上の倒産という扱いになってします。

反対に売上が低迷し赤字経営であったとしても、手元のお金を枯渇させなければ支払いは続けて行うことが可能です。資金が尽きなければ赤字企業でも存続可能であるため、企業経営では利益ばかりにとらわれず、手元の資金をショートさせない資金繰りが重要という考え方が必要といえます。

 

利益と手元の資金は同じではない

事業を営む上で利益を生み出すことは重要です。

ただ、損益計算書上の利益と手元の資金は同じではないという基本的な考え方を身につけておきましょう。

事業者間の取引では、商品など販売したときにすぐその代金をやり取りせず、後日の決済となる信用取引が取り入れられています。

この信用取引は「掛け」や「ツケ」と同じですが、販売したときに「売上」として先に計上された代金は、後払いで受け取ることになります。

ここで問題となるのが、先に売上として計上されていることで帳簿上は利益が出ていても、実際にその代金が手元に入ってくるまではタイムラグが発生することです。

このタイムラグの期間中、仕入れ代金の支払いや従業員に対する給与や固定費など、様々な支払いをしなければなりません。

手元にある資金で支払いに対応するために必要なのが資金繰りですが、不足が生じないように日常から現金の流れを把握しておくことが大切です。

帳簿上は利益が出ているから手元にも十分に現金があると安心してしまうと、いざ支払いの段階で不足が生じ、資金ショートに陥る可能性もあるため注意してください。

 

資金ショートさせない資金繰りの考え方

資金ショートに陥らないために、まずは今の現金残高と毎月の収支は確認しておきましょう。

さらに6か月先から1年先までの毎月の収支の予測と、現金不足が発生しそうなタイミングを確認します。その上で、いつ資金調達が必要になるのか、事前に把握しておくと資金不足に陥ることはなくなります。

 

売掛金管理も重要

資金繰りを悪化させる大きな要因となるのが、取引先に対し発生する売掛金です。

売掛金を回収するまでの期間が長期化すればするほど資金繰りは悪化しますので、できるだけ新規の契約において回収までの期間は短く設定するべきといえます。

また、取引先と取り決めた期日になっても入金されていない売掛金はないか確認しておきましょう。滞納が続くような場合は取引量や取引内容を見直すことも必要です。

 

資金不足に陥らない資金繰りを

日常的に現金収支を確認していくためにも、「資金繰り表」を用いた管理は欠かせません。

その上で、回収サイトはできるだけ短く、支払いサイトはできるだけ長く設定することを心掛けてください。

とはいえ、取引先にも都合があるでしょうし、有利な交渉で契約が成立するとは言い切れません。

もし回収サイトを長く設定した契約で、売掛金の回収をもう少し早めたいという場合には、
「ファクタリング」を活用することもおすすめします。

 

ファクタリングとは

ファクタリングは、保有する売掛金をファクタリング会社に譲渡し、現金化させて資金調達するサービスです。

たとえば商品券などを金券ショップに持ち込むと、店舗の決めた割合で手数料が差し引かれ、残りを現金化した買取代金として受け取ることができますが似たサービスといえます。

どのくらいの手数料が差し引かれるかは金券ショップによって異なりますが、ファクタリングも同じようにファクタリング会社により違いがあります。

いずれにしても売掛金を先に現金化できるため、資金繰りが悪化したときには有効活用するとよいでしょう。

 

まとめ

利益にばかりとらわれ資金繰りを軽視してしまうと、手元の資金が不足し倒産してしまう可能性も否定できません。

資金繰りの考え方として大切なのは、利益と手元の現金は同じではないこと、資金がショートすれば黒字でも倒産する可能性があるということです。

資金繰りに影響を与える売掛金の回収に時間がかかるようであれば、ファクタリングなども有効活用していくことも検討してください。