資金繰りを改善させるためにすぐできる対策とは?


資金繰りを改善させるための対策として、どのような方法がもっとも有効なのか悩むところでしょう。

ただ、毎月のように資金が不足し悩んでいるのなら、今できる資金繰り改善策をすぐに実行するべきです。

そこで、資金繰りを改善させる上で有効といえる対策をいくつか紹介しますので、今できることから始めてください。

 

まずは資金繰り表から現状を把握すること

資金繰りを改善させる対策を考える前に、まずは現状を知ることからはじめましょう。

お金の収支を把握する上で有効なのがキャッシュフロー計算書ですが、決算書を構成する書類であるものの、上場企業以外では作成が義務付けられていません。

そのため作成したことのない中小企業なども少なくありませんが、営業活動・投資活動・財務活動の3つの区分でお金の流れを把握できます。

営業活動から得た収入から借入金返済額を差し引いたとき、もしマイナスになっている場合には早急に財務改善が必要と認識してください。

そしてキャッシュフロー計算書では過去の実績しか把握できないため、将来的な予測をするための資金繰り表の作成も必要です。

半年から1年先の現金収支の予測を記載しておき、どのタイミングで支払いが必要なのか、いつ売掛金が入金されるかなど事前に確認しておくようにしましょう。

 

予算と実績は毎月比較・分析

支払いが増えれば資金繰りは悪化しますが、利益を増やすための広告宣伝費や人件費といった必要経費を無理に抑制しないことも必要です。

そのため事前に経費予算を作成しておき、部門ごとの経費限度額を定めておくことで、無駄な支出を抑制することにつながるでしょう。

予算は作成しただけでは効果を得ることはできないため、毎月実績を集計・分析し、計画よりも支出が多かったときにはその原因と改善策を検討していきましょう。

 

資金繰りを悪化させる税金対策はNG

会社を経営していると、できるだけ納める税金は抑えたいと考えてしまうものです。

節税対策に力を入れている経営者もいるでしょうが、資金繰り悪化につながるような税金対策には注意してください。

主な例として生命保険への加入などが挙げられますが、確かに税金を抑える対策としては有効です。

しかし保険料を支払えば手元のお金は減るため、当期は良好な業績で保険料負担も余裕だったとしても、翌年以降は負担が重いと感じる可能性もあります。

決算書の利益と手元のお金は同じではないため、現金・預金の動きを把握した上で節税対策を行うようにしましょう。

 

売掛金の回収管理を行う

資金繰りを改善させる対策の1つとして、売掛金回収の管理を徹底させることも挙げられます。

適時に売掛金を回収していくためには管理を徹底して行い、いつ・どの取引先から・いくら入金されるか把握しておくようにしましょう。

もしも期日になっても入金されず、回収が遅延している取引先があるのなら、督促を行うことも必要です。

なお、期日から長期に渡り入金されていない売掛金については、ベテランの担当者が催促したほうが回収率は上がる傾向が見られます。

 

売掛金の回収条件を交渉する

入金までのサイトが長めに設定されている売掛金については、取引先と回収条件の見直しを交渉することも方法の1つです。

自社に有利な条件で交渉が成立すれば喜ばしいことですが、その結果、取引先の資金繰りが悪化する可能性もあります。

そこで、交渉を進めるにあたり、回収期日を早期化してくれれば売上代金を割引くなど双方にメリットのある条件が必要といえます。

 

ファクタリングや手形割引で回収を早める

取引先に売掛金の回収条件を交渉しても、期日を早期化できなかったときにはファクタリング手形割引なども活用するとよいでしょう。

ファクタリングとは、保有する売掛金をファクタリング会社へ譲渡し、早期に現金化させるサービスのことです。手形による代金回収は、銀行や手形割引専門業者に対し手形を割引いてもらう手形割引も利用できます。

ファクタリングも手形割引も手数料や割引料がかかるため、本来期日になると受け取ることができたはずの資金は目減りします。

しかし資金繰りが悪化した状態のまま、何の改善策も行わずただ入金まで待っていても、その間に支払いができなくなれば倒産してしまう可能性も出てきます。

特に手形は決済まで長期に及ぶことが多いため、早期に現金化させたほうがよい場合も少なくありません。

 

支払条件も交渉する

仕入れ代金が買掛金として残っている場合、できるだけ支払期日を延長させることができれば、資金を借入れたときと同じ効果を得ることができ資金繰りは改善します。

売掛金は回収を早期化したほうがよいのに対し、買掛金は支払期日をできるだけ先に延ばしたほうがよいため、こちらも取引先に交渉してみましょう。

交渉の際には、支払いサイトを延長してくれれば取引量を増やすなど、双方にメリットのある条件を提示することも必要です。

 

まとめ

他にも資金繰りを改善させる対策はいろいろありますが、すぐにできる方法をご紹介しました。

資金繰りが悪化しているのに放置していると、手元の資金が毎月のように不足するようになり、いずれ支払いができなくなれば倒産してしまいます。

できるだけ早めに改善策を実践し、毎月の資金繰りを楽に進めていけるようにしましょう。