資金繰りが厳しい会社は売掛金の回収が甘い?


資金繰りが厳しい会社の特徴として、売掛金の回収が甘いことが背景にあるといえます。

経営を改善し、利益がコンスタントに上がるようになっているのに、売掛金が適切に回収できておらず資金繰りが厳しくなっている会社は少なくありません。

売掛金を回収しなければ現金は入らず、実質的な赤字となり資金繰りにも影響を及ぼしますので、注意しておきたい会社の特徴を徹底解説していきます。

 

売掛金の回収がずさんなら資金繰りは悪化する

本来であれば先月末が支払期日だった売掛金が、今月末にもまだ入金されていないのにもかかわらず、売掛先に連絡すら入れていないという会社は資金繰りが悪化しやすくなります。

本業が忙しく売掛先に連絡することを怠っているケースもあれば、そもそも未入金の事実に気がついていない場合もありますが、いずれも資金繰りを悪化させることに変わりありません。

 

売掛先から支払いを優先してもらえなくなる

未入金の売掛金があるのにもかかわらず、売掛先に入金の催促さえしていない場合、売掛先は請求されないことに安心している可能性があります。

資金繰りが厳しく、買掛金の支払いを遅らせることはめずらしいことではありませんが、しつこく何度も請求してくる買掛先と特に何の連絡もしてこない買掛先ではどちらの支払いを優先させるでしょう。

限られた現金しか手元にない場合、どの支払い先を優先させるべきか順位をつけることになるでしょうが、そのときに後回しにされる可能性が高くなります。

そうならないためにも、売掛先に対しては督促を続け、支払いを優先してもらえるようにするべきです。

 

万一売掛先が倒産すれば売掛金は回収不能となる

資金繰りが厳しい状況にある売掛先の場合、すでに倒産寸前という可能性も否定できません。

仮に売掛先が倒産してしまえば、未回収の売掛金は貸し倒れとなってしまいますし、最悪の場合には連鎖倒産してしまう可能性もあります。

売上を上げることには注力しているのに、売掛金の回収は損益に関係ないため軽視するという傾向も見られがちです。

しかし売掛金を回収しないまま放置していれば手元の現金は増えず、いくら損益計算書上は利益が出ていたとしても実質的な赤字となります。

売掛金の発生や回収はしっかり把握しておき、期日に適切に入金されているか確認していくことが必要です。

 

売掛金管理表で適切な管理を

売掛金の発生と回収を毎月適切に管理するためには、売掛先ごとの売掛金状況を把握することが必要です。

そのために有効なのが売掛金管理表であり、仮に支払期日までに売掛先から入金がなかったときには、どのように動くべきかマニュアル化しておくようにしましょう。

入金が遅れがちで注意しなければならない売掛先には、売掛金や受取手形の残高を今よりも増やさないように与信限度額を事前に決めておきます。

また、営業担当者などとも連携して、売掛先の不穏な動きを察知できるような体制づくりも必要です。

 

不正が行われている可能性はないか念のために確認を

売上が上がっているのに計上されていなければ、売掛先に請求書が届くことはありません。

従業員を疑いたくはないと思うですが、社内で不正が行われているケースも実際にあるため、資金繰りが悪化しているときには念のため確認しておくことが必要です。

故意の不正でなくても、営業担当者が売上の報告を忘れていることもありますし、営業と経理の連携がとれていないこともあります。

報告漏れを防ぐ確認体制ができていないと、売上を上げても請求書が売掛先に届かないといったミスも発生してしまうため、結果として売掛金の回収遅れを招き資金繰りを悪化させます。

中小企業の場合、内部管理が甘くなりがちなので、不正が起きやすい環境をつくってしまっています。

賃金などに不満を抱えている従業員がいれば、不正を促すことになってしまうため、適切な管理を徹底して行うようにしてください。

売掛先とのつながりも営業だけに任せるのではなく上司や経営者とも良好な関係を築くことができるようにしておくべきです。就業規則などにも懲戒規定などを設け、社内教育を徹底するようにしましょう。

 

まとめ

資金繰りが悪化している会社の多くは売掛金の適切な管理が行われておらず、回収できていないまま放置していることも少なくありません。

売上が上がり損益計算書上は利益が発生していたとしても、肝心の売掛金が回収できなければ何の意味も持たないものとなってしまいます。

資金繰りを改善させるには、適切な売掛金管理が必要であることをあらためて認識し、社内で管理体制を構築させておくようにしましょう。

なお回収までの期間が比較的長い売掛金は資金繰り悪化の要因となりやすいため、この場合には売掛先に交渉し早めに入金してもらうか、ファクタリングなどで短期化させると資金繰りは改善しやすくなります。

売掛先に直接交渉しにくいときでも、ファクタリングなら誰にも知られることなく売掛金を現金化させることができます。