金融機関から融資を受ける方法には種類がある!それぞれの特徴とは?


事業資金が不足してしまったときや新たに事業を立ち上げたいとき、金融機関から融資を受けて資金調達したくても種類が多く、どれに申し込めばよいか迷うこともあるでしょう。

中小企業は資金調達の方法を銀行融資に依存してしまいがちなので、他の種類の調達方法も検討するべきといえますが、多額の資金が必要なときには融資に頼らざるを得ないときもあります。

ただ、銀行からの融資といっても種類があるため、選択を間違えば十分な資金調達につながらない可能性も出てきます。

そこで、金融機関からの融資にはどのような種類があるのか、それぞれの特徴などを徹底解説します。

 

銀行融資の形態はいろいろ

銀行から事業資金の融資を受けることができるのは、個人事業主や会社経営者、法人の代表などです。

融資を受ければ借りたお金に利子をつけて返済することが必要ですが、融資の形態には大きく次のように分けることができます。

 

手形割引

手形割引は、企業が所有する手形を銀行に買い取ってもらい、決済よりも前に現金化する方法です。

手形は代金の支払いの際、現金の代わりに利用されますが、決済期日にならなければ現金化されません。

そこで、手形を受け取ったものの決済期日まで手元の資金が乏しいときには、将来受け取ることのできる手形を担保に銀行から融資を受ける手形割引が用いられています。

現金化の際には、融資を受けた日から返済日までの手数料が差し引かれることとなります。

 

手形貸付

約束手形を担保に銀行から融資を受ける方法ですが、手形割引と異なるのは、融資を受けたい企業が銀行あての手形を振り出すことです。

1年以内の短期借入で利用されることが多く、融資額から利息分が差し引かれ、残りを現金で受け取ることができます。

 

当座貸越

極度額までは借入れや返済ができる融資の方法であり、設定された限度額の範囲であれば自由に融資を受けることができます。

ただし企業向けの当座貸越の場合、担保の有無により契約可能となる金額が異なり、業績が良好の企業でなければ契約できない場合もあります。

 

証書貸付

借入れごとに金銭消費貸借契約証書を作成し、契約書に記入された金額で融資を受ける方法であり、銀行融資の基本形態ともいえます。

 

銀行融資の種類

 

さらに銀行融資は次のような種類に分けることができ、それぞれ特徴が異なります。

 

信用保証協会の保証付き融資

全国信用保証協会が保証人となった上で融資を受ける方法であり、もし返済困難に陥った場合でも信用保証協会が代わりに立て替えて支払ってくれます。

ただし利用の際には借入金額に応じて信用保証協会に対し信用保証料を支払うことが必要であり、そもそも信用保証協会の審査に通らなければ利用できません。

また、信用保証協会だけでなく銀行の審査にも通ることが必要ですが、銀行側の貸倒リスクが軽減されるため比較的融資は受けやすくなります。

 

プロパー融資

信用保証協会の保証を利用せず、銀行独自の責任で貸し付けを行う融資の種類です。

保証料も限度額もないことはメリットですが、万一返済不能となったときのリスクを銀行が負うため、厳しい審査を通過しなければ利用はできません。

融資実行までに時間がかかるだけでなく、返済期間も短期間になるケースが多いため、中小企業や個人事業主の場合はプロパー融資での借入れは厳しいといえます。

 

売掛債権担保融資

保有する売掛債権を担保に融資を受ける方法であり、売掛先に対する通知や承諾を得ることが必要となります。

そのため売掛先には、売掛金を資金調達に活用することを知られることになるため、その後の商取引に影響が及んでしまう可能性もゼロではありません。

売掛債権を使った資金調達の方法としてファクタリングが挙げられますが、ファクタリングの場合には売掛債権を売却し現金化する手法のため、融資を受けるわけではないことが大きな違いです。

また、ファクタリングのうち売掛先を間に挟まない2社間ファクタリングであれば、売掛先に知られず売掛債権の現金化が可能になります。

 

不動産担保融資

土地や建物などの不動産を担保に銀行から融資を受ける方法であり、小額から借入れることもできます。

担保を差し入れず融資を受けるときよりも、金利は低く、返済期間も長めに設定できることがメリットです。

 

ビジネスローン

無担保・無保証人で融資を受けることができ、審査にも時間がかからないことがメリットですが、金利は高めに設定されます。

すぐに資金が欲しいときに利用されることが多いですが、繰り返し利用し続けると金利負担が重くなり、資金繰りが悪化してしまうため注意しましょう。

 

カードローン

ビジネスローン同様に、無担保・無保証人で利用できるカードローンですが、ATMから簡単に借入れと返済が可能なため繰り返し利用してしまいがちです。

金利が高く設定されるため、多額の資金を長期的に利用したいときには向かないことから、一時的な利用に留めておいたほうがよいといえます。

なお、数千万円単位のカードローンは信用保証協会の保証を必要とすることもありますし、資金使途を運転資金や設備資金に限定していることもあります。

 

まとめ

金融機関から融資を受ける方法はいろいろありますが、種類によって特徴やメリット・デメリットが異なるため、資金を調達する目的などに合うものを選ぶことが必要です。

また、融資を受ける方法だけでなくファクタリングなど、お金を借りずに資金を調達する方法もあります。

今よりも借金を増やしたくないという場合には、いろいろな資金調達の種類から選ぶようにしてください。