ファクタリングが中小企業や個人事業主の資金調達方法として主流に?


ファクタリングとはイギリスで始まった仕組みであり、日本では馴染みがないように感じるでしょうが、実際には中小企業や個人事業主の資金調達方法として主流になりつつあります。

中小企業や個人事業主は売掛金の回収を適切に行わなければ、資金体力の低さからすぐに資金繰りが悪化してしまいがちですが、ファクタリングはこのような問題を解決できます。

そこで、中小企業や個人事業主の資金調達方法として主流になりつつあるファクタリングについて、どのようなサービスなのかご紹介します。

 

中小企業が注目するファクタリングとは?

ファクタリング(factoring)とは、中小企業などが保有する売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に売却し、現金化させることで資金を調達できるサービスのことです。

企業間取引では、商品やサービスの納品や提供が先であり、その代金は後で回収する掛け取引が一般的になっています。

この間に発生するのが、会計処理における売掛金ですが、回収まで一定の時間がかかるため手元の資金が不足してしまうことも考えられます。

このような場合、保有する売掛金を現金化させることで、手元の資金を増やすことができるのがファクタリングというサービスの仕組みです。

取引先から入金されることを待たなくても現金が手に入るだけでなく、審査も柔軟であり早ければ即日現金化が可能となるのも注目されている理由といえます。

 

中小企業は銀行から融資を受けにくい

中小企業の資金調達で、一般的なのは銀行から融資を受けるという方法です。しかし実際には、中小企業は銀行からお金を借りにくいといわれていますが、それには次のようなことが理由として挙げられます。

 

差し入れる担保がない

中小企業が銀行から融資を受けるときには、もし返済不能となったときに備え担保の差し入れを求められることが一般的です。

しかし担保として差し入れることのできる資産を保有していない中小企業の場合、銀行から融資を受けて資金調達することは難しくなります。

このような場合でもファクタリングなら、お金を借りる資金調達の方法ではないため、担保も保証人も必要ありません。

 

審査の難易度が高い

銀行から融資を受けて資金調達するときには、審査をクリアしなければなりませんが、そのハードルはけっして低いとはいえず通過できない中小企業も少なくありません。

お金を借りるときの審査では、中小企業や事業主の信用力が重視されるため、赤字決算の場合や税金を滞納している場合にはまず借入れはできなくなるでしょう。

しかしファクタリングの場合、審査では売掛先の信用力を重視するため、赤字決算や税金滞納などの事情は重要視されないことがメリットです。

銀行融資を受けたいと申し込みをしたものの、審査に通らず断られてしまった場合でも、ファクタリングなら利用できる可能性があります。

 

返済負担を負う

銀行からお金を借りることは、それと同時に返済義務を負うことを意味します。

この返済負担が後々重くなり、資金繰りが悪化することもありますが、ファクタリングはお金を借りる方法ではないため返済負担に苦しめられることはありません。

また、ファクタリングで売掛金を現金化した後に万一売掛先が倒産したなどの理由で売掛金の回収できなかった場合でも、ファクタリング会社がその責任を負担することとなります。

売掛金の未回収リスクをファクタリング会社に移転できるという点でも、ファクタリングで資金調達することは大きなメリットになるといえるでしょう。

 

中小企業がファクタリングで資金調達するとよいケースとは

中小企業や個人事業主が資金を調達したいという場合、ファクタリングを選択するとよいのは次のようなケースです。

  • ・銀行や自治体から融資を受けようと申し込んだものの審査に通らなかったとき
  • ・融資を申し込みたいけれど担保にする資産がなく保証人もいないとき
  • ・融資審査をのんびり待つ余裕がなく、早く手元に現金が欲しいとき
  • ・銀行から融資を受けて資金調達するほどではない小口資金が必要とき

そしてファクタリングは借金を増やす方法ではないため、決算書を汚すことがなく信用情報などにも影響しないこともメリットです。

ただし資金を調達できる金額は、売却する売掛金額の範囲にとどまることは認識しておく必要があります。

 

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、近年では資金繰りが悪化してしまい手元の資金が不足しがちなことに悩まされている中小企業や個人事業主も少なくありません。

コロナ対策の融資なども受け、資金を調達したものの新型コロナが収束しない間は、まだまだ資金繰りの改善が見込めないという企業もあることでしょう。

すでに銀行から融資を受けており、返済が苦しくリスケジュール中という中小企業や個人事業主もいるでしょうが、その場合でもファクタリングなら利用できる可能性があります。

ただし個人事業主の場合は、ファクタリング会社によって対応不可とされることもあるため、事前に確認した上で申し込みをしたほうがよいといえます。