ファクタリング会社を乗り換えるときのポイントとは?


資金調達の方法にファクタリングを活用しているけれど、業者を乗り換えたいときには何をポイントに選ぶべきなのでしょう。

実際、ファクタリング会社の乗り換えは可能であっても、後々問題が起きないよう注意し様々なポイントを押さえた上で業者選びをするべきです。

そこで、ファクタリング会社を乗り換えるとき、次に業者を選ぶときのポイントや注意点について徹底解説していきます。

 

ファクタリング会社を乗り換えるときのポイント

資金調達の方法にファクタリングを選ぶケースとは、銀行融資の審査が通らない場合や審査を待てない場合など、柔軟な審査ですぐにお金を準備できることに魅力を感じているからといえます。

すでにファクタリングを利用している場合でも、業者数が多いため今の取引状況に満足できていなければ、ファクタリング会社を乗り換えたいと考えるものでしょう。

新たなファクタリング会社と契約を結ぶことになるため、次の業者を選ぶときには次のポイントに注意するようにしてください。

 

2社間や3社間など希望するファクタリングに対応しているか

ファクタリングには、

  • ・2社間ファクタリング…ファクタリング会社と、ファクタリングを利用する事業者が取引に関係するファクタリング
  • ・3社間ファクタリング…ファクタリング会社と売掛先、そしてファクタリングを利用する事業者が取引に関係するファクタリング

という2種類があります。

中小企業の場合、ファクタリングを利用して資金調達することを売掛先に知られたくないというケースも少なくないため、2社間ファクタリングが選ばれることが多いといえるでしょう。

もしすでに2社間ファクタリングを利用している場合、別の業者に乗り換えるなら2社間で契約できるファクタリング会社を選ぶことが必要です。

手数料も2社間のほうが割高なので、別のファクタリング会社の公式サイトなどで表示されている手数料が割安だと飛びついたものの、実は3社間の手数料だったという場合には適正な判断ができません。

ファクタリング会社によっては、2社間には対応せず3社間のみという場合もあるため、事前に確認した上で乗り換える業者を選ぶことがポイントです。

 

買取下限・上限の設定の有無

ファクタリング会社によりますが、買取可能とする売掛債権下限上限を設けている場合があります。

仮に買い取る売掛債権の金額を300万円以上としているファクタリング会社に、10万円の少額債権の買取依頼を出しても受け付けてもらうことはできません。

事前に保有する売掛債権の金額と、ファクタリング会社が買取可能とする債権額を確認しておく必要があります。

 

資金調達までかかる日数

急な資金ニーズでファクタリングを利用したいときは特に、実際に売掛債権を現金化し、資金を調達できるまでにかかる日数は必ず確認しておきましょう。

資金調達までのスピードは、売掛先に対する通知や承諾など必要としない2社間ファクタリングのほうが、3社間ファクタリングより早いといえます。早ければ即日資金が調達可能となるのが2社間ファクタリングの魅力です。

ただし2社間ファクタリングでも、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記を行うことを求められるため、その場合には別途費用もかかり即日資金調達が不可となる可能性もあります。

事前に資金調達できるまでどのくらいの日数かかるのか、確認した上で乗り換える業者を選ぶことがポイントです。

 

対応の柔軟性や丁寧さ

ファクタリングで現金化するのは、売掛債権という目に見えない資産です。

そのためファクタリング会社の審査では、売掛債権を売却することを希望する事業者の人間性なども重視します。

そして事業者側も、ファクタリング会社が本当に信用できる業者なのか、提示されている手数料は良心的な設定なのかなど確認した上で決めることとなるでしょう。

互いの信頼関係が重要な取引となるため、良心的で優良なファクタリング会社に乗り換えるためにも、対応の柔軟性や丁寧さも確認するようにしてください。

資金を調達したいという事業者の悩みに対し、親身に耳を傾け対応してくれるか、質問したことに面倒がらず丁寧にこたえてくれるかなどもポイントです。

そして契約を結ぶ上で、重要な説明はしっかり行ってくれているか、安心して任せることのできるファクタリング会社か見極めることが必要といえます。

 

まとめ

ファクタリング会社を乗り換えたいというときには、注意しておきたいポイントをしっかり押さえた上で新たな業者を選ぶようにしましょう。

ファクタリングは売掛債権の売買取引であり、貸金ではないため貸金業法や利息制限法といった法律の縛りは受けません。

利用において発生する手数料もファクタリング会社独自の審査によって決まりますし、現金化までかかる日数もある程度は業者次第です。

そのため信頼できる業者選びをしっかり行わなければ、別の業者に乗り換えたのにさらにサービスが低下したということになりかねません。

悪質なファクタリング会社と取引することのないよう、複数社から相見積もりを取得し、提供されるサービスや手数料なども確認の上選ぶようにしましょう。