資金繰りに行き詰まりを感じたときにまず何をするべきか徹底解説!


企業経営など、事業を続けるためにはスムーズな資金繰りが望ましいといえますが、ときには行き詰まりを感じることもあるでしょう。

本業が忙しく、つい資金繰りを疎かにしてしまったために行き詰まりを感じてしまったとき、まず何をするべきか対処法や改善する上でのポイントを徹底解説していきます。

 

まずは資金繰りがなぜ重要なのか確認

資金繰りは会社経営や事業存続では欠かせないことですが、必要な資金は運転資金と設備資金があります。

運転資金が不足すれば事業をたちまち継続できなくなりますし、設備資金がなければ老朽化した古い設備を使い続けることになる、または業務の効率化や売上向上に向けた新たな設備を導入できません。

手元に十分な資金を確保するためにも、行き詰まりを感じる資金繰りにならないようにしていくことが必要です。

 

資金繰りの行き詰まりは勘定足りて銭足らずに

資金繰りの行き詰まりは、「勘定足りて銭足らず」といわれる状態を作ってしまいます。

これは、決算書や試算表など帳簿上は利益が出て黒字なのに、資金繰りが行き詰まり手元の資金は不足し最終的には倒産してしまう黒字倒産を作り出すリスクの高い状態です。

利益が出ているのに倒産してしまうはずがないと思うかもしれませんが、会社は赤字続きだとしても手元の資金が枯渇しなければ倒産しません。

反対にたとえ黒字だとしても、手元の現金がショートすれば会社は倒産します。

せっかく売上を伸ばし、利益を生み出しているのに倒産してしまわないように、手元には十分な資金を確保しておくことが必要です。

 

黒字倒産を発生させるその背景

商取引においては、商品を納品したときにその代金を受け取らず、後日決済する掛取引が一般的です。

この際、商品を売った側であれば売掛金購入した側であれば買掛金が会計処理において発生することになります。

売掛金は、すでに計上された売上に対する未回収の代金であり、買掛金仕入として計上されている代金の未払い分です。

先に商品を仕入れ、その後仕入れた商品を販売するといった流れが通常ですが、この流れに沿えば売上代金が入金されるよりも前に仕入代金を支払うことになります。

この買掛金の支払いが先で、売掛金の回収が後という取引の流れを念頭に入れておかなければ、資金繰りはあっという間に行き詰まり手元の資金は不足してしまうでしょう。

たとえ先に売上が計上されて利益が出ていても、売掛金の回収までの期間に発生する買掛金の支払いに行き詰まり、最悪の場合には資金がショートして倒産してしまうのです。

 

資金繰りの行き詰まり解消には資金調達が必要に

資金繰りに行き詰まりを感じるよりも前に、手元の資金が不足しないよう調達することが必要です。

行き詰まりを感じてからでは遅い場合もあるため、いつ支払いが発生しいつ売掛金を回収できるか、事前に把握できるよう管理を行うことが必要といえます。

そして現金が不足しそうなタイミングよりも前に資金を調達することが必要ですが、その方法として挙げられるのは銀行からの融資などでしょう。

ただ、中小企業の場合は銀行からスムーズにお金を借りることは難しい場合もあり、実際に融資が実行されるまで時間もかかります。

資金が不足するタイミングに間に合わないという場合には、まだ回収が先の売掛金を前倒しさせることができるファクタリングの活用など検討するとよいでしょう。

 

ファクタリングとはどのような資金調達方法か

ファクタリングとは、回収予定の売掛金をファクタリング会社に売却し、回収期日よりも前に現金化させる方法のことです。

そもそも資金繰りの行き詰まりを感じる要因となるのは、売掛金が取引先から入金されるまで一定の時間がかかるからといえます。

将来的には入金される予定の売掛金を保有していても、回収までの期間が1か月や2か月ある場合、それまでの間の支払いに充てる現金が不足することもあるでしょう。

このような場合にこそ、ファクタリングで売掛金を前倒しすることで手元の資金不足を解消できます。

銀行融資のように数週間や1か月またなければ資金が調達できないといったこともなく、早ければ即日売掛金を現金化できるため、資金が不足するタイミングに合わせて調達できることもメリットです。

 

根本的な要因から改善させることも必要

仮にファクタリングなどで行き詰まりを感じた資金繰りがスムーズになった場合でも、そもそも行き詰っている要因を根本的に改善させなければ同じことの繰り返しです。

資金繰りを改善させるためには、売掛金の回収と買掛金の支払い期日を見直すこと、借入金の返済計画の見直しなども必要となります。

 

まとめ

商品やサービスを販売する企業は資金繰りをスムーズにすることは欠かすことのできない作業といえますが、行き詰まりを感じているときにはまず手元の資金を枯渇させない管理を徹底して行いましょう。

そしてなぜ資金繰りが悪化しているのか、その要因を洗い出し改善させていくことが必要です。