資金繰りはなぜ重要?最悪の結果とならないための管理方法とは


黒字倒産とは利益が出ているのに仕入代金や借入金返済の資金が不足し倒産してしまうことですが、そのような事態に陥らないためにも資金繰りは重要と認識しておくべきです。

実際、黒字倒産してしまう企業が後を絶たないのは、重要であるはずの資金繰りが適切に管理できていないからといえます。

そこで、黒字倒産という最悪の結果を起こさないためにも、資金繰りの重要性と適切な管理方法について徹底解説していきます。

 

そもそも資金繰りとは何をすることか

資金繰りとは、現金や預金流れを把握しておき、手元の資金が不足しないための調整を行うことです。

現金や預金がいつ増えるのか、反対に減るタイミングを把握しておき、不足する前に資金を調達しておくことを意味します。

借入れで資金を調達するのなら、お金が必要なタイミングに間に合うように融資の申し込みが必要ですし、出資してもらうならその準備も適切に行う必要があります。

しかしタイミングを見誤り、資金繰りに失敗して利益が出ているのに倒産してしまう企業が数多く存在します。

 

なぜ資金繰りに失敗するのか

資金繰りがうまくできないのは、「資金」と「利益」の違いが認識できていない状態でお金を管理しているからといえます。

「資金」とはすぐに経費の支払いに充てることができるお金なので、現金や普通預金などが該当します。

価値のある不動産や株式などの有価証券を保有していても、すぐに支払いに充てることができないため資金には含まれません。

そして「利益」に含まれるものの「資金」ではないものとして、売掛金や受取手形などの売掛債権が挙げられます。

売掛債権は後日取引先から入金される売上代金ですが、数か月後に現金として支払ってもらうことになります。会計処理では売上として計上されるため、「利益」はでるものの入金は数か月後など後払いなので、手元の「資金」はすぐに増えません。

反対に一括現金払いで設備などを購入したときは、数年に渡り減価償却することになるため、「資金」は減少していないのに「利益」は減少しているということもあります。

「資金」と「利益」は一致しないことを認識した上で、資金繰り管理を行うことが重要です。

 

適切な資金繰り管理の方法とは

損益計算書に計上される「利益」には、先に述べた売掛債権や減価償却費なども含まれるため、実際の手元の資金は把握できません。

そのため資金繰りを管理するには、現金の流出入があったタイミングで損益を計上する「現金主義」の考え方をもとに、「資金繰り表」を作成し活用する方法を活用しましょう。

 

資金繰り表で定期的に検証

「資金繰り表」には今後の入出金の内訳も記載していくため、会社の財務状況を明確化させ未然に資金ショートを防ぐことにつながります。

通常の月次決算ではこれまでの現金の入出金などの実績から、「過去」の検証が可能です。しかし資金繰り表があれば、数か月先の入出金など、「未来」も予測することができます。

 

取引先に支払い条件の交渉を

取引先から売掛債権が入金されるまでの支払いサイトが長めに設定されている場合には、サイト短縮の交渉を行うことも重要となります。

回収は早めに、支払いを遅くすることで資金繰りは改善しやすいため、長期視点で交渉を行ったほうがよいといえます。

ただし交渉により、その後の取引に影響することが不安という場合など、取引先に交渉をもちかけにくい場合もあるでしょう。

そのような場合には、ファクタリング会社に売掛金を売却し、入金される期日よりもはやく現金化できるファクタリングを活用することをおすすめします。

 

資金調達手段を確保しておく

資金調達の方法といえば、銀行からの融資にばかり頼りがちです。

しかし急にお金が必要になったときには、銀行から融資を受ける方法では資金を調達しなければならないタイミングに間に合わなくなります。

そのため、普段から自社の決算状況など情報共有しておくことも必要ですし、先にのべたファクタリングなど銀行融資以外の資金調達手段も確保しておくようにしましょう。

 

中長期的な財務体質改善も重要

今の財務体質のままでは資金繰りが改善されないという場合、収益性を高めることができるような見直しが重要です。

手元の資金を増やすことができるように、売上・売上総利益率・営業利益率・経常利益率で長期的な改善目標を立て、収益性の検証を行いながら財務体質を改善させていくようにしましょう。

 

重要なのは資金ショートさせないこと

資金繰りは、いかに資金不足となるタイミングをはやく確認し、すばやく対応できるかで決まります。

1~2か月後に必要となる資金があるのなら、事前に準備できていればあわてて資金調達する必要はなくなるからです。

まだ大丈夫だろうと甘く考えていると、あとで取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあります。

無借金経営は極めて稀であり、金融機関からお金を借りながら資金繰りを回さなければならないときもあるでしょう。

銀行融資が間に合わない、審査に通らないのなら他の資金調達方法を検討しなければなりません。

お金を循環できなければ会社は倒産リスクを高めることになることを十分認識しておき、
万全の構えで資金を調達することが重要です。