ファクタリング乗り換えで必要なことや準備しておきたいものとは?


将来入金される予定の売掛金を前倒して、先に現金化し資金調達するファクタリングですが、乗り換えをするときに必要なものには何があるのでしょう。

ファクタリングは1度だけで資金繰りを正常化することは難しく、複数か月に渡って連続的に利用することが必要となることもありますが、手数料が発生するため乗り換えなども検討したくなるものです。

手数料が高い場合には翌月以降のキャッシュを大きく目減りさせ続けるため、先に必要なものを準備して乗り換えも検討したほうがよいでしょう。

 

ファクタリングで乗り換えを行うメリット

中長期ファクタリングの場合、数か月程度に渡り売掛金を前倒ししながら、少しずつ資金繰りを正常化させていくことを目的とします。

事前に何か月で資金繰りを正常化させるのか決めてファクタリング会社と契約することもあれば、毎月単発で契約を結び少しずつ前倒しする金額を減少させるケースがあります。

しかし中には結果的に長期契約になってしまうこともあり、いずれにしても手数料が高いと資金繰りは改善されにくくなるでしょう。

そこで検討したいのが乗り換えですが、すでに利用しているファクタリング会社から別のファクタリング会社に切り替えることです。

最大のメリットはファクタリング手数料を引き下げることが可能になることですが、実はファクタリング会社にとっても乗り換え希望者は歓迎される顧客といえます。

 

ファクタリング会社が乗り換え希望者を欲しがる理由

ファクタリング会社に支払う手数料には、一部業者の儲けとなる部分も含まれます。

そのため本来であれば、手数料が高いほうがファクタリング会社にとってメリットがあると考えられるでしょう。

しかし乗り換え希望者がいた場合、ファクタリング会社はその手数料を引き下げてでも獲得しようとします。

それには次のようなことが理由として関係するからです。

 

乗り換え希望者は信頼が高めと判断されやすいもの

ファクタリング会社が新規顧客と契約するときに、最も注意することは売掛金が入金された後で約束通りその代金を渡してくれるかです。

契約に違反して入金された売掛金をそのまま別の支払いに流用することや、持ち逃げしてしまうといったケースも一定数存在します。

しかしすで他社で数か月に渡ってファクタリングを利用した実績がある乗り換え希望者の場合、ファクタリング会社を変更して契約した後も同様に契約を守り取引ができる可能性が高いといえます。

極めて安全な優良顧客といえるため、ファクタリング会社の利益が含まれる手数料をたとえ引き下げたとしても、契約したい顧客と判断されやすいといえるでしょう。

 

ファクタリングの乗り換えで必要なもの

ファクタリングの乗り換えで必要なものは、

 

  • ・身分証明書
  • ・通帳の写し
  • ・請求書(発注書)
  • ・決算書

 

などです。

業者によっては登記簿謄本や取引先との契約書が必要になることもあります。

 

乗り換え先のファクタリング会社選びで必要なこと

乗り換え先の候補とするファクタリング会社は、安全性や信頼性が高い業者か事前に確認することは必須です。

できるだけ資金調達にかかるコストが安い業者であることはもちろん、過去の実績や口コミなども参考に信頼できる業者か見極めるようにしましょう。

たとえば銀行から融資を受けるときには、普段から取引のあるメインバンクとの付き合いを大切にしなければならず、気軽に他行へ相談できないこともあります。

しかしファクタリングは銀行との関係のような柵がないため、基本的に乗り換えで何かデメリットとなることはありません。

 

優良なファクタリング会社と判断する目安

ファクタリング会社により、契約する際の方法や方針は異なるものです。

そこで、優良なファクタリング会社か判断するときには、次の項目に該当するかを目安としてください。

 

  • ・店頭に出向くよりも前に手数料を伝えてくれる
  • ・コンサルティング業務も行っている
  • ・近隣にあるファクタリング会社、または郵送契約や電子契約が可能である

 

もしファクタリングの乗り換えをしようとする会社が大阪にある場合、エリア内にある業者は東京ほど多くないため、限られた業者から乗り換え先を選ばなければなりません。

しかし郵送での対応や電子契約なども可能なファクタリング会社なら、たとえ東京にあるファクタリング会社だとしても契約はできます。

また、信頼できる業者の場合には本社は東京にあるものの、大阪や福岡など商取引が活発なエリアに支社や営業所を複数設けていることがほとんどです。

その場合、関西や九州にある会社でも、近隣の支店や営業所に乗り換えの相談ができます。

なお、初回は郵送や電子契約が難しいという場合でも、出張訪問などで対応してくれるファクタリング会社もあります。乗り換えたいけれど距離が邪魔をするという場合には、不安な点をファクタリング会社に相談してみることで、その対応により信頼できる業者か判断できるものです。

乗り換えを希望していることを伝え、安心して相談してみるとよいでしょう。