資金繰りを改善させるには?中小企業がすぐに実践できる方法を徹底解説


資金繰りを改善させる方法にはいろいろありますが、もし資金難で困ったときや財務状況が悪化しているときには、その原因を探ることから始めましょう。

そこで、具体的に悪化してしまった資金繰りを改善させるには、どのような方法があるのか徹底解説していきます。

 

資金繰りが悪化してしまった原因

今、会社の資金繰りが悪化していると感じるときには改善させることが必要ですが、その方法を知る前にまずは何が原因か探ってみましょう。

資金繰りが悪化する原因は、一般的には次のようなことが挙げられます。

 

キャッシュインが減少している

キャッシュインの減少で資金繰りが悪化している場合には、

  • ・売上が減少している
  • ・費用が増えている
  • ・売掛債権の回収が遅れている

などが原因として挙げられます。

 

キャッシュアウトが増加している

キャッシュアウトが増えていることで資金繰りが悪化している場合には、

  • ・過大に在庫を抱えている
  • ・設備投資に対し過剰に資金をかけすぎている
  • ・不良資産を過大に抱えている
  • ・仕入債務の支払いが早い
  • ・前払金・貸付金・仮払金が増えている
  • ・借入金の早期返済

などが原因として挙げられます。

 

資金繰りを改善させる具体的な方法

何が原因で資金繰りが悪化しているかによって、取らなければならない対策は異なりますが、主に次のような方法で改善させることが可能です。

 

売掛債権は早期に回収できるようにする

売掛債権は取引先ごとに管理を徹底し、営業担当者も売掛残高を意識した営業を行うことが必要です。

営業担当者は売上や粗利益などに対する意識は高くても、発生している売掛金を回収することまで関心がないケースは少なくありません。

しかし、いくら売上をあげても売掛金が回収できず、貸し倒れになれば大きな損失を抱えることを認識しておくべきでしょう。

販売先の経営状況などに不安があると感じる情報を入手したときには、与信による売掛限度額の範疇だとしても、決済方法の見直し取引量を抑える(または停止する)といった対応が必要となります。

また、手形割引やファクタリングを活用すれば、販売先から代金を回収するまでの期間を短期化することができ資金繰りも改善されやすくなります。

 

不要な在庫は早期に処分を

販売機会を逃したくないと、在庫を多く抱えていても売れなければ不良在庫となってしまいます。

増えた在庫を放置していると、在庫全体に占める割合が高くなって管理コストばかりがかさみ、時間が経過するごとに増々売れない商品を抱えることとなるでしょう。

徹底した在庫管理を行うこと、単品管理を徹底し売れない商品の基準を作り、短期サイクルで処分することを実践してください。

 

投資はフリーキャッシュフローで

営業活動を続けるため、事業を拡大していくためには投資は欠かせませんが、投入する資金が大きくなりすぎることは問題です。

また、借入金など他人資本を頼って投資する場合、借金を回収するまでの期間を踏まえた上で投入額を決めることが必要とねるでしょう。

利息の支払いや元金償還で資金繰りに影響するともいえるため、資金繰りを改善させていくには投資はフリーキャッシュフローの範疇で留めておくことが理想です。

どうしても借入れを頼らなければならないときには、返済原資を確保できるか見定めた上で投資しましょう。

 

支払いサイトは交渉により条件を見直す

資金繰りを改善させるためには、売掛債権の早期回収が必要であると同時に、仕入債務の支払いはできるだけ遅くしたほうがよいでしょう。

しかし相手があることのため、一方的に支払いを遅らせるのではなく、条件を見直してもらうように交渉することが必要です。

 

借入金の返済条件を見直してもらう

借入金の返済が厳しいときには、銀行など金融機関に対し借入金の返済条件を見直してもらうように交渉しましょう。

毎月の返済額を少なくしてもらうこと、返済期間を延ばしてもらうこと、一定期間は利息のみ支払いとし元金返済は据え置いてもらうといった方法があります。

なお、金融機関と交渉するときには経営改善計画が必要ですが、

  • ・金融機関から融資を受けたときには5~7年で返済する
  • ・経費削減の計画を立てる
  • ・収入計画はできる限り厳しく見積もる
  • ・設備投資はできるだけ抑える

といったことをポイントとして作成するようにしましょう。

 

貸付金・仮払金の一掃

貸付金・仮払金・前払金など、一時的に発生することのある勘定科目については、1~2か月程度で解消しなければなりません。

役員に対する貸付金が慢性的に発生しており、長期に渡り残っていれば金融機関から融資を受けることが難しくなる可能性があります。

早急回収して資金繰りを改善させることが必要なため、

  • ・旅費などの仮払金は精算ルールを設け徹底する
  • ・慢性的な貸付金を解消するため賞与と相殺する
  • ・旅費の前借制は廃止する

といったことを実践しましょう。

 

まとめ

資金繰りを改善させるためには、何が原因かを考えた上でその方法を探ることが必要です。

資金を調達する方法も、中小企業などは銀行融資に頼りがちですが、手元の資金が増えるのと同時に借金も増加することを留意しておくべきでしょう。

返済負担も大きくなるため、その後、資金繰りがさらに悪化するリスクも否定できません。

この場合、ファクタリングであれば借金を増やすことなく資金を調達できますし、資金繰り悪化の原因である売掛金を早期に回収できますので検討してみるとよいでしょう。