危うい資金繰りで手元の現金を枯渇させない対策方法とは?


新型コロナウイルス感染拡大の影響はとどまることを知らず、様々な業界や業種に大きな打撃を与えているといえ、手元の資金が枯渇するといったケースも少なくありません。

コロナ禍前は順調だった業種も一気に手元の資金が不足しがちとなり、最終的に枯渇して倒産に至ってしまったという中小企業が多数あります。

競合他社との競争激化に加え、新型コロナによる営業環境悪化で業績も悪くなり、資金繰りが限界に達してついに枯渇したというケースが多々見られます。

 

資金が枯渇する前にまずは金融機関に返済について相談を

新型コロナウイルスで大きな打撃を受けているのは中小企業や個人事業主です。

手元の資金が枯渇しそうという場合、最優先すべきなのは金融機関との交渉といえます。

金融機関に対し、借入金の返済期限を延期してもらったり追加融資を求めたりなど、何らかの対応を取ってもらうことが必要です。

感染拡大が落ち着けば事業も上向くため通常どおり返済が可能であることを、説得力のある説明でうったえなければなりません。

民間銀行だけでなく、日本政策金融公庫などの公的な融資も活用できるものはしたほうがよいでしょう。

 

コロナ禍で中小企業はかなり厳しい状況

手元の資金が不足してくれば借入金などでしのぎたいものですが、受注回復の見通しなどが立たずに倒産してしまう企業もあります。

資金不足に苦しむのは自社だけでなく取引先も同じで、主要取引先が倒産してしまうことに連鎖し、自社もつぶれてしまったというケースも以前からありました。

しかし新型コロナウイルス感染症が流行してからは、そのような連鎖倒産がより増えたといえます。

資金繰りが悪化し、いつ収束するのかわからない新型コロナ感染拡大で先行きの見通しも立たず、廃業や倒産に至った企業が数多くあります。

外出自粛による休業で売上は入らなくても、給与や家賃など固定費は手元の資金から捻出しなければならず、飲食サービス業などは協力金などが支給されるとはいえ追いついていない状態です。

協力金が支給されるまでは…!と厳しい状況の中で資金繰りをやりくりしたものの、手元の資金が枯渇してしまい廃業してしまった店も少なくありません。

また、協力金などが支給されない業種などはさらに厳しい状態であり、借金だけが増えてしまいこの先どのように事業を続けていけばよいのか…と頭を抱える経営者も少なくない状況です。

 

資金が枯渇する前に実行したい対策は2つ

いつ収束するかわからない新型コロナウイルス感染拡大の影響ですが、先行きの見通しが立つまではまず支払いはできるだけ遅く、入金はできるだけ早くすることを基本に資金繰りを改善させていく必要があります。

現在の買掛金の支払いサイトと売掛金の入金サイトがどのくらいの長さか、まずは次の計算式にあてはめて確認してみましょう。

 

仕入債務の支払いサイトの計算方法 買掛債務回転日数=平均買掛債務残高/仕入高 × 365
売掛債権の入金サイトの計算方法 売掛債権回転日数=平均売掛債権残高/売上高 × 365

 

支払いサイトが短めに設定されているときや入金サイトが長めの場合には、取引先へ交渉しサイトを変更してもらうことも必要です。

 

買掛債務の支払いサイトは長めに設定を

仕入れ代金の未払い分である買掛債務の支払いサイトは、できるだけ長く設定することが必要です。

ただ、買掛先への入金を遅らせるために交渉しなければならないため、理解を得るための手段を検討しなければなりません。

たとえば仕入れ量を多くするのか、価格値上げなど様々な手段があるでしょうが、いずれにしても買掛先と自社が納得できる内容で再度支払いサイトを見直してもらう必要があります。

 

売掛債権の回収サイトはできるだけ短く

売掛先からまだ支払ってもらっていない売掛金の入金サイトは、買掛債務の支払いサイトと反対にできるだけ短く設定することが必要となります。

契約途中で交渉しても売掛先に応じてもらえると限らないため、できれば新規で契約を結ぶときに入金サイトを自社に有利な長さで交渉したほうがよいでしょう。

また、すでに取引のある売掛先へ交渉する場合には、交渉に応じてもらえるよう値引きなど売掛先にとってメリットのある要件を準備しておく必要があります。

 

取引先へ交渉することが難しいときの手段

買掛先と売掛先、それぞれに支払いサイトと入金サイトを変更してもらうように交渉したとしても、相手にも都合があるためすぐに応じてもらえるとは限りません。

自社が厳しい資金繰りという状況にあるように、コロナ禍で取引先も手元の資金不足に悩んでいる可能性もあるからです。

この場合、ファクタリングを使うことで取引先に交渉することなく手元の現金を増やすことができます。

 

ファクタリングで手元の資金が枯渇することを回避

ファクタリングは、中小企業などが保有している売掛金を専門業者に売却し、入金予定の期日よりも前に現金化する資金調達の方法でありサービスです。

売掛先に知られず売掛金を前倒しで現金化できるため、早めに設定されている買掛債務の支払いサイトにも対応可能となり、売掛先に交渉して入金を早めてもらう必要もなくなります。

ただ、ファクタリングを利用するときには手数料が発生するため、繰り返し利用し続けるとかえって資金繰りが悪化してしまいます。

資金繰り計画を立て、何か月に渡りファクタリングで資金調達するか事前に決めておくことで、安心して利用することができるでしょう。

もし手元の資金が枯渇しそうなときには、早ければ即日現金化も可能となる専門業者もあるため、まずは相談してみることをオススメします。