資金繰りで悩むのは経理処理が関係?よくある悪化の理由とは


会社で働く経理担当者などは、「勘定合って銭足らず」など資金繰りに苦労した経験は少なからずあることでしょう。

決算書では利益が出ているに、手元のお金が足らずに資金を回すことができない資金繰り状態悪化の状態を指した言葉ですが、経理担当者や経営者にとって避けなければならない状況ともいえます。

会社経営において利益をあげていくことこそがそもそもの目的ではあるものの、資金繰りが厳しい状態では経理担当者を苦しめることになり、様々な支払いができずいずれ倒産する可能性も出てきます。

そこで、経理担当者を悩ませないための資金繰りについて、どのようなことを重視するべきか様々なリスクを含めご説明します。

 

経理上の利益と収入でギャップを発生させる背景

資金繰りとは、手元の現金が不足しないように今後の収支を予測し、必要なときには資金調達するなど調整することです。

損益計算書で利益が出ていれば、当然手元の資金にも余裕があるだろうと考えがちですが、ときには資金不足に陥ってしまうこともあります。

これは経理上、発生主義により会計処理を行うからであり、収益の認識時期と実際のお金の動きが異なるからです。

経理上で会計処理したときに発生する利益と、収入と差額が出てしまうのは主に次のことが背景として関係しています。

 

設備投資

設備投資したときでも、損益計算では償却期間に渡り減価償却費として計上していきます。

投資した金額が資金の流出した金額ですが、費用計上されるのは減価償却分のみであるため、この差が損益計算書上の利益と実際に手元の資金との差を発生させます。

 

在庫

在庫の経理処理については、売上として計上された段階で仕入に計上するため、在庫として保管されているままでは損益計算書に反映されることはありません。しかし在庫分の販売相手には、仕入れ代金を支払っているため利益と資金のギャップを生じさせます。

 

売掛金

企業間では掛け取引が一般的ですが、この場合には売上月の翌月以降に売上代金を回収します。

売った商品の代金を回収するよりも前に、仕入れ先に仕入代金を支払う必要があるため、ここでも収支にギャップを生じさせることとなります。

 

借入金の返済

銀行から融資を受け、返済するときの元本部分は損益計算書に反映されません。設備資金の借入金は減価償却費として一部計算されるのに対し、運転資金を借入れても利益計算に反映されることはありません。

 

資金繰りを改善させるために必要なこと

損益計算書の利益と手元の資金にズレが生じる背景は上記のようにいろいろありますが、ギャップが生まれるのは仕方がないこととあきらめていては、資金繰りはますます悪化してしまいます。

そこで、経理担当者が困らないように資金繰りを改善させるには、主に次のような取り組みを検討しましょう。

 

資金繰り表を作成して管理を徹底する

事業活動における現金の収支を管理するために資金繰り表を作成しましょう。

資金繰り表には、これまでの現金の流れだけでなく、将来的な収支の予測も記載していきます。そのためいつ資金が不足するのか把握しやすくなり、必要なタイミングで資金を調達する準備が可能です。

資金繰り表は、

  • ・営業収支(日常の営業活動の収支)
  • ・投資収支(設備投資などによる収支)
  • ・財務収支(銀行借入や返済などによる収支)

という3つの区分に分け作成します。

資金調達を必要とするのがこれらの区分のどの要素で発生するのか把握しておけば、事前の対策を検討しやすくなるはずです。

 

日常の業務オペレーションの改善

日常の業務オペレーションである債権や在庫の管理などは、資金繰りの観点から改善していくようにしましょう。

たとえば請求書を発行するタイミングは遅れていないか、もれなく適切に請求できているか確認してください。

もし遅延が発生している売掛金などがある場合には、督促ルールを決め実行することが必要です。

また、過剰に在庫を抱えないように、適時適量の仕入れを心掛け、過剰在庫が発生したときには処分することも検討します。

 

必要なタイミングで資金調達する

経営環境の悪化や急な出費などで資金が不足してしまうこともあるでしょう。

この場合、資金をどのような方法で調達するのかが重要です。

メインバンクから融資を受けることができるのか、当座預金を開設しているなら当座貸越契約で借入れできないかなど、方法はいろいろあります。

ただしどちらも借入限度額や金利など条件次第で資金を調達できなくなる可能性もあり、さらに赤字経営や財務状態などでは断られてしまいます。

この場合、資金繰りを悪化させる要因ともいえる売掛金を現金化するファクタリングを使うことで、負債を増やすことなく資金調達が可能です。

ファクタリングを利用するときには手数料がかかりますが、将来受け取る予定の売掛金を前倒しする感覚で利用できるため、余計な借金を増やす必要がないことはメリットといえます。

財務状況が悪化していると銀行から融資を受けることは厳しくなりますが、ファクタリングであれば審査のハードルが低いため、スムーズに資金調達できるでしょう。