会社経営に欠かせない資金調達のためにも正しい経理を


企業経営において資金を調達することは重要なことですが、自社が置かれている状況を把握するためには経理を把握しておく必要があります。

そこで、資金を調達することがなぜ大切なのか、経理で行う業務で理解しておきたいことを徹底解説していきます。

 

お金の流れを把握するためにも経理業務は欠かせない

会社を経営する目的は利益を出すためですが、毎日のように取引を繰り返していれば、どんぶり勘定では正確な利益を把握できなくなります。

さらに売上がどのくらい上がり、その代金をいつ回収することになるのか、仕入れ代金や経費の支払いはいつなのかなど把握できていなければ現金不足で慌てることになりかねません。

お金の流れを把握しどのくらい利益が出ているか確認するためにも、売上だけでなく支出も含めたすべてを正確に記録していくことが必要です。

毎日の帳簿付けにより業績を上げるために追いかけるべき指標を把握し、適切な意思決定が可能となるため、適切な経理業務を行うことが大切といえます。

 

経理業務で行う仕事の内容

経理という名称は「経営管理」を省略した呼び方です。

経理で行う具体的な業務は、

  • 請求
  • 支払い
  • 会計処理と記帳
  • 伝票作成

など多岐に渡ります。

いずれもお金にかかわる作業ですが、他にも貸借対照表や損益計算書など作成する業務も経理で行います。

そのために、たとえば仕入れに関する管理を行うのなら、

  • 買掛金の記録・清算
  • 伝票整理
  • 在庫管理

なども必要です。

売上に関する管理を行うなら、

  • 受発注の管理
  • 売掛金の記録・清算
  • 伝票作成
  • 請求書発行

などの業務も行います。

そして現金や預金を管理する上で、

  • 経費精算
  • 入出金管理
  • 現預金残高確認

などを行い、もし手元の現金に不足が生じる可能性があるときには、お金が必要なタイミングに間に合うように資金を調達することが必要です。

その他にも、給与計算や税金計算、納入なども経理の仕事に含まれることがあります。

営業活動のように、数字で評価される仕事ではないためモチベーションをアップさせにくいともいえますが必要不可欠な業務であり仕事です。

 

お金の動きに関連する業務がメイン

経理業務ではお金の動きについて記録し、実際の現金の入出金を把握できる状態を作っておくことが必要です。

細かい仕事の連続となりますが、おろそかにすれば企業経営に悪影響を及ぼす可能性があるため慎重に行いましょう。

また、日々の業務だけでなく月次業務も並行して行うことが多く、月の前半と後半で行う処理を分けることもめずらしくありません。

前半は取引先から入金があったか確認する業務や前月の月次決算書の作成などが中心となり、後半は従業員の給与計算や取引先への請求書を発行するなどです。

さらに年間業務として、期末に決算の準備を行うこと、夏季と冬季の賞与計算と支給などもあります。年末には年末調整の準備を行うことも必要となるでしょう。

 

経理業務で把握しておきたい資金繰りの重要性

資金繰りは人間の身体にたとえると血液の循環と同じで、血液が血管内で詰まると様々な疾患を引き起こし生命の危機を及ぼすように、資金繰りもお金の流れが滞れば最終的に会社を倒産させます。

そのためうまく資金繰りを行うために、利益とキャッシュフローは同じではないことを理解しておきましょう。

利益が出ているから現金も多くあるだろうと安心してしまうと、いつの間にか手元の資金不足で資金繰りが行き詰る可能性があるということです。

売上が減少し資金がショートしたときや、売上が伸びず設備投資したのに借入金の返済原資の資金がショートすると、資金繰りに追われるばかりで他のことに目を向けにくくなりがちです。

しかし資金繰りが日ごろからスムーズだった場合には、たとえ売上が減少したとしても気持ちに余裕があるため、経営にも積極性が出てくるでしょう。

 

 

資金繰りを改善させるために必要なこと

経理業務で資金繰り悪化が確認できたとき、次の要因のいずれかに該当しないか確認してください。

  • 赤字経営が続いている
  • 売掛金の回収が仕入れ代金の支払いよりかなり遅い
  • 在庫が過剰な状態
  • 取引先が倒産し回収できない売掛金が発生している
  • 投資を失敗したり無理な利益処分をしたりということがあった

この中で特に注意したいのは、2番目の売掛金の回収と仕入れ代金の支払いの関係です。

売上が増えれば売掛金も増加しますが、それよりも前に仕入れが発生しています。

仕入れた商品を販売し、売上として計上した後でその代金を回収するという流れですが、お金の流れを見ると仕入れ代金の支払いが先です。

売上代金の回収よりも先に仕入れ代金を支払うことになるため、手元の資金が不足しないようにしなければなりません。

仮に足らない可能性があるのなら、前もって資金を調達しておくことが必要ですが、銀行からの融資を頼るのなら1か月前には申し込みしておかなければ間に合いません。

いつお金が不足するか知るためにも、日々の経理処理を適切に行い、お金の流れをしっかり管理することが必要です。